私は幼い頃から便秘で、小学生の頃にはよく腹痛を訴えては病院へ行って、浣腸をしてもらっていました。
あの時の苦しさは今でも忘れることができません。
大人になった今でも浣腸をするほどではありませんが、便秘には悩まされています。
思えば、昔から牛乳が嫌いで、乳製品はあまり摂っていなかったので、腸内環境はあまりよくなかったのかもしれません。
1週間出ないのは当たり前で、だんだんお腹が張って苦しくなってきます。
腸内環境の改善を意識するようになってから、マッサージをしたり、プルーン、ヨーグルト、おからなど、腸内環境をよくする食べ物や食物繊維を摂取するように心掛けています。
しばらくは変化はなく、便秘特有のころころした便が時々出るという状態が続いていたのですが、3か月ほどするうちに、少し柔らかい便が出るようになりました。
この経験から、体質はすぐに変わらないんだなあと実感しました。
食べ物の他に変化が感じられたのはやはり運動です。
ウォーキングやヨガをしていると、運動している最中にお腹の中でガスが動くのが分かりました。
運動した次の日に便が出ることもあったので、運動は私にはかなり効果のあるものでした。
その他、お腹の善玉菌を増やすと言われている食べ物を食べたり、サプリを摂ったりしていましたが、私にはあまり効果が感じられませんでした。
どんな食べ物や対策が体に合うのかは人それぞれなので、いろいろな物を試して自分に合った腸内環境の改善方法を探すことが大切だと思います。
私も便通はいくらかは改善されましたが、まだ週に1度か2度しか便通がないので、今後改善していけたらと思います。